検体検査室と類似サービス

  • パターン1

  • パターン2

Lifeeの検査サービスは、一般に”2”の類似サービスに該当します。適切な衛生管理の実施を条件に未登録の施設での実施が可能です。

  • 1、検体測定室
    利用者が自己採取した検体について、その場で検査、測定が行われ、直ちに検査結果を受け取るもので、届出が必要です。
  • 2、類似サービス
    利用者が自己採取した検体について、検査センターに検体を搬送し、検査、測定が行われ、後日、検査結果を受けとるもので、届出は不要です。

ラボ監督施設

  • 1、医療機関以外で検査を行う場合は、「臨床検査技士法に基づく未登録者の検査受託に関する指導要項(1987/12/26)」に基づいて、衛生検査所登録したラボが監督し、検体管理業務を委託する施設です。
  • 2、未登録の検体管理施設は、検査を実施する登録衛生検査所より検体管理業務の委託を受け、本管理業務を適切に実施することが求められます。
  • 3、監督を受ける検体採取所は、施設の整備、採血指導、検体確認、検体保管、検体輸送などの検体管理業務を行います。

設置事例

1、微量採血を委託され、採血指導、検体管理を専門に行う施設です。
  • 採用採血施設 設置事例(銀座)
    • 言語サポート:日本語、英語、中国語(通訳常駐)
    • I-PAD受付システム導入
    • スマホアプリ(Lifee)連携
    • データマトリクス検体管理
    • 結果表郵送サービス(含海外)
2、調剤薬局のコーナーに、微量採血コーナーを設置した事例です。
採用採血施設 設置事例(日野市)
  • パーティションで仕切る。

  • 採血デスクを設ける。

規則