最新情報

株式会社マイクロブラッドサイエンスが展開する検体測定サービスが、SPORTEC 2022(期間:2022年07月27日 ~ 2022年07月29日, 東京ビッグサイト東展示棟)にて、レクスコジャパン株式会社(本社:東京都三鷹市 代表取締役:徐珉聖 以下、レクスコ社)が出展するブースにて、レクスコ社のフィットネスマシンの展示と合わせて紹介される事となりました。




レクスコ社は、アメリカ、フランスやイギリスをはじめ、ドバイを擁するアラブ首長国連邦や、ノルウェー、デンマーク、ハンガリー等の北欧諸国、成長著しいアジア等、世界30か国で導入されているスタイリッシュかつ高機能・高性能のフィットネスマシンのトップメーカーになります。

レクスコジャパン株式会社 https://lexco.co.jp/about/

この度、SPORTEC2022のレクスコ社の展示ブース(小間番号E1-6-17)にて、フィットネスマシンの展示と合わせて、協力会社として当社検体測定サービスも併せて紹介されることになりました。

当社はSPORTEC2022と同日開催される第3回生活習慣病予防展(期間:2022年07月27日 ~ 2022年07月29日, 東京ビッグサイト東展示棟 4~6ホール)にて、Lifee(ライフィー)検体検査サービスについて、生活習慣病検査(生化学13項目)や血中コエンザイムQ10濃度などの紹介することを目的に、出展(小間番号E5-18-23)しておりますが、併せてレクスコ社のブースにお立ち寄り頂ければと考えております。

引き続き、当社が保有する簡易な検体採取方法、検査技術等のストックを活用し、付加価値の創出を図ってまいります。




【SPORTECとは】

2009年から開催し、世界中のスポーツ関係企業・団体が、最新製品・技術・サービスを発表する日本最大のスポーツ・健康産業に関する国際的な総合展示会です。東京オリンピック・パラリンピック開催後の日本は、「オリパラ・レガシー」として全国各地で「スポーツ」を活用した特色ある「まちづくり」の創出・定着を推し進め、地方創生と経済発展を進めています。スポーツの持つ力を利用し、スポーツ×地方創生、スポーツ×健康、スポーツ×美容、スポーツ×まちづくり、スポーツ×エンターテイメントなど、様々な企業や政府からの投資や注目が加速し、スポーツ産業は急速に広がりを見せています。

SPORTECはこのような流れを受け、【健康寿命の延伸】【都市の魅力向上】【スポーツによる国際交流】【テクノロジーの活用】【競技力向上】など、スポーツが今後益々有力な業界に発展し、国際競争力のある産業となることを目的とされ開催されております。




【生活習慣病予防展とは】

新型コロナウィルスの感染拡大の中では、徹底的な除菌、フィジカルディスタンスの徹底や換気対策などの感染症対策に合わせ、感染をして発症しても重篤化を招かないための【健康づくり】【免疫強化】が特に重要になっています。また、重症化にならないために高血圧や高脂血症、糖尿病などの様々な基礎疾患を普段からいかに抑えるかが重要と言われ、そのために毎日の生活習慣を改善し、病気の入り口となる生活習慣病をいかに予防するのかが最も大事になってきています。

本展では、人生100年時代と言われる中で、健康寿命を延ばすために、肥満や運動不足、睡眠障害、腰痛・肩こり、姿勢改善、喫煙やアルコール依存症など、様々な病気リスク改善に向けた食品や機器・サービスを発信し、健康な世界作りに貢献できる展示会として開催されております。




【Lifee(ライフィー)検体検査サービスとは】

検体検査は、現在の体の状態を数値で把握できる方法のひとつで、Lifee(ライフィー)検体検査サービスなら、身近に定期的な受検者自身で検体検査を行うことができます。

導入される事業者は、事業者独自で、個人アカウント発行、検体の管理・受付、検査の進捗状況、過去の監査データを閲覧できる「Lifee総合管理システム」を提供しており、検査プロバイダーとして一元管理することができます。検査プロバイダーに紐づく受検者は、無償で使用できるアプリ内で完結し、受検者ご自身のデータはLifeeアプリで個別に簡単に閲覧、加え、過去の数値の推移を比較する事により、受検者自身で今後の生活改善の為に役立たせる事が可能です。




株式会社マイクロブラッドサイエンス

SPORTEC2022

会期:2022年7月27日(水)~29日(金)

会場:東京ビッグサイト東展示棟 1~3ホール

詳細はこちら:https://sports-st.com/

第3回生活習慣病予防展概要

会期:2022年7月27日(水)~29日(金)

会場:東京ビッグサイト東展示棟 4~6ホール

詳細はこちら:https://healthylife-expo.jp/

株式会社マイクロブラッドサイエンス(代表取締役:大竹 圭 所在地:東京都千代田区 以下、当社)は、当社のLifee検体測定サービスにおいて、2つの酸化ストレス指標に関する新規検査項目である、「血中コエンザイムQ10濃度」と「尿中酸化ストレスチェック」の検査サービスを追加することをお知らせします。

 

 *************************************************

 

【血中コエンザイムQ10濃度】

コエンザイムQ10(以下、CoQ10)は、ミトコンドリアがエネルギーを作る際に必須な物質であり。エネルギー産生に伴って発生する活性酸素を消去する抗酸化作用もあります。

「酸化ストレス」はからだの細胞にダメージを与えることがわかっており、糖尿病、動脈硬化、アルツハイマー病、パーキンソン症候群、癌などの多くの病気の要因の一つと考えられています。体内のCoQ10量は二十歳頃から加齢とともに減少することや、喫煙、ストレスなどで減少することがわかってきました。

一方、血中CoQ10 濃度が増加すると、スポーツ選手において疲労が軽減したという報告もあります。近年、ビタミンE の抗酸化作用にCoQ10が必須であるとの報告もあり強力な抗酸化採用と酸化ストレスとの関連が注目されています。

 

【尿中酸化ストレスチェック】

8-hydroxy-2’-deoxyguanosine(以下、8-OHdG)は、現在最も広く用いられている酸化ストレスマーカーのひとつであり、非侵襲的に生体内の酸化ストレスを評価するために広く用いられています。

デオキシグアノシンはデオキシリボ核酸の4 種類のDNA 塩基のうち最も活性酸素種による酸化を受けやすいため、オキシグアノシンの酸化生成物である8-OHdG は活性酸素種による生体への影響を鋭敏に反映すると考えられています。

8-OHdG 排泄量は生体の酸化ストレス状態を反映して変動します。つまり尿中の8-OHdG を測定すれば測定時の生体内における酸化ストレス状態を定量的に反映されると注目されています。

 

【Lifee(ライフィー)検体検査サービス】

検体検査は、現在の体の状態を数値で把握できる方法のひとつで、Lifee(ライフィー)検体検査サービスなら、身近に定期的な検体検査を行うことができます。
導入される事業者は、事業者独自で、個人アカウント発行、検体の管理・受付、検査の進捗状況、過去の監査データを閲覧できる「Lifee総合管理システム」を提供しており、検査プロバイダーとして一元管理することができます。

検査プロバイダーに紐づく受検者は、無償で使用できるアプリ内で完結し、受検者ご自身のデータはLifeeアプリで個別に簡単に閲覧、加え、過去の数値の推移を比較する事により、受検者自身で今後の生活改善の為に役立たせる事が可能です。

 

プレスリリースはこちら

https://www.value-press.com/pressrelease/296697

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、当社)が製造販売している「MBSキャピラリー」を用い、株式会社SOIK(所在地:沖縄県中頭郡 代表取締役:古田 国之 以下、ソワック社)がコンゴ民主共和国で日本企業初の官民連携パートナーシップ協定の下、実施されている「電気のない村にも産科検診を届けるプロジェクト」の中で使用されている事が報告されました。

 

ソワック社は、アフリカの地方部でも質の高い産科健診サービスを誰もが受けられるように、スマートフォンアプリをプラットフォームとした産科健診のデジタルパッケージ「S-PAQ」の開発・提供に取り組まれています。S-PAQ は、スマホ、スマホアプリ、WEB アプリケーション、患者・医療従事者IDカード、健診に必要な医療機器とソーラー電源装置で構成され、このパッケージを導入することで、電気のない地方の小さな保健センターでも、国家標準を満たした健診サービスを提供できるようになります。

 

現在 ソワック社は、当社の「MBSキャピラリー」を含め、他のメーカーとの連携をさらに拡充されつつパッケージの開発を進めてされています。また、データを論文化する研究機関や病院などもパートナーとして募集しており、政府・援助機関向けだけではなく、民間病院や患者さん向けのサービス開発にも取り組み、財務的に持続的かつ急速な普及を可能にするビジネスモデル開発を確立して、地域住民やその周辺国への展開を目指されております。

 

詳細はこちら
http://kyokuhp.ncgm.go.jp/library/tenkai/2021/TENKAI_ProjectNews_Jpvol2_light220328.pdf?fbclid=IwAR1pnvCKufyJGxJVKcypAwgRRfnslQnzNhA7pNojMWhrKgLFCzRZ-QTPwHo

※ 医療技術等国際展開推進事業 事務局
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
2022年3月発行:TENKAI Project News vol.2 より一部抜粋

 

株式会社SOIK(ソワック)社のHPはこちら

https://www.soik.co.jp/

 

関連する過去の記事はこちら

2021.9.2

『マイクロブラッドサイエンス独自開発のMBSキャピラリーが、ソワック社を通じコンゴ民主共和国にて妊婦向けの検診に導入検証を開始』

https://www.value-press.com/pressrelease/276980

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、当社)と、ケアプロ株式会社(所在地:東京都中野区 代表取締役:川添 高志 以下、ケアプロ社)が、相互の事業協力について基本合意をいたしました。

*************************************************

ケアプロ社は、企業などが行う各種イベントに同社が出向き、自己採血により血液検査をする「出張セルフ健康チェック」の企画・運営を行っております。

 

ケアプロ株式会社 予防医療事業部
https://carepro.co.jp/preventive/

 

【ケアプロ社事業概要】 
ケアプロは、駅ナカやスーパー、ショッピングセンターなどで、気軽に検査できる「ワンコイン健診(現名称:セルフ健康チェック)」という新事業を創出したヘルスケアベンチャー企業です。

 

セルフ健康チェックを全都道府県で開催し、累計利用者は52万人を超えています。
各種イベントに同社が出向き、その場で結果が分かる血液検査や骨チェック、血管年齢などを実施する「出張セルフ健康チェック」は、民間資金を活用して健診未受診者等の健康意識を高めることができる画期的サービスとして全国的に注目されています。

 

当社が保有する簡易な採血、検査技術等のストックを活用し、ケアプロ社が保有する健康データ管理、お客様情報、人材をそれぞれ活用することにより、引き続き事業機会の獲得および付加価値の創出を図ってまいります。

 

プレスリリースはこちら

https://www.value-press.com/pressrelease/296489

医療・健康 株式会社マイクロブラッドサイエンス(代表取締役:大竹 圭 所在地:東京都千代田区 以下、当社)は、今夏に東京ビッグサイト東展示棟にて開催される第3回生活習慣病予防展に出展する事をお知らせいたします。

https://www.value-press.com/pressrelease/296484

*************************************************

【第3回生活習慣病予防展概要】

会期:2022年7月27日(水)~29日(金)

会場:東京ビッグサイト東展示棟

詳細はこちら:https://healthylife-expo.jp/

*************************************************

詳細は順次こちらのHP、Twitterにてお知らせいたします。

年末年始の業務日程について、下記の期間を年末年始休業期間とさせていただきます。

 

本社およびラボ:2021/12/30(木)~2022/1/5(水)まで休業

 

■検体受付について

※年末分の検体は12/29(⽕)午前必着で発送⼿配をお願いいたします。

※検体発送の際には必ず配達の⽇時指定、およびラボへ検体発送情報の連絡を⾏ってください。

※年末年始は荷物の到着が遅延する可能性があります。運送業者からの情報にご注意ください。

 

■カスタマーサポートについて

休業期間中にいただきましたお問い合わせ等に関しましては、2022年1月6日以降より順次対応させていただきます。

 

ご不便をおかけしますがなにとぞご了承頂きます様よろしくお願い申し上げます。

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、「当社」)の提携先であるNanjing Vazyme Biotech Co.,Ltd(以下、ヴァゼム社)が、2021年11月15日に上海証券取引所(688105.SH(証券コード))に新規上場 ※1をしました事をご報告いたします。

——————————————————————————————————

当社とヴァゼム社は「日本展開における特定分野の独占的包括提携契約」締結 ※2 をしており、今後も引き続きヴァゼム社とともに製品開発と日本での販路拡大に取り組んでまいります。

 

<ヴァゼム社の紹介>

Nanjing Vazyme Biotech Co.,LTD

ヴァゼム社は2012年に設立された体外診断製品、機器の研究開発、生産、販売のサービスに重点を置くハイテク民間企業です。酵素、抗原、抗体、高分子有機材料などの機能性タンパク質に焦点を当てた技術を持ち、生物学的研究、体外診断用医薬品(IVD)、バイオ医薬品、核酸抽出装置を開発しています。

 

現在200種類以上の遺伝子工学レコンビナーゼ、1,000種類以上の高性能抗原性製剤、モノクローナル抗体mAb などを保有。PCR、qPCR、分子クローン、逆転写、心臓や脳血管、炎症などの検出に使用する様々な種類の生物学的製剤の開発に成功しています。そして、科学研究機関、分子診断試薬メーカー、製薬会社、病院やその他の医療機関など、様々な顧客グループをカバーする顧客ポートフォリオを形成しています。

https://www.vazymebiotech.com/about.htmlより)

 

 

※1 ヴァゼム社 news

 

※2 マイクロブラッドサイエンス、Vazyme Biotech Co.,Ltdの「日本展開における特定分野の独占的包括提携契約」締結のお知らせ

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、「当社」)の当社株式について、株主から譲渡承認請求があり、2021年9月3日の臨時役員会議にて承認を行いましたので、お知らせいたします。

——————————————————————————————————-

2021年9月3日の役員会にて、既存株主より当社株式の譲渡承認請求を承認いたしました。

その結果、新たな株主として

株式会社Wealth Brothers

東京都港区芝大門1-3-10 コスモタワービル7階

代表取締役 石山恵介

が新たに当社の株主となりました。

 

株式会社Wealth Brothers の株式取得の目的は「純投資」であり、特段、政策面や期間についての方針は明確には持ち合わせておりません。

また、Wealth Brothers社の取得株数は、数%程度のものであって、当社の主要株主になるものではありません。

 

売主、取得株数に関しては売主の意向で非公表とさせて頂きます。

 

<今後の展開>

当件が今後の業績等に与える影響はございません。

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭)は、すでにサービスを開始しているLifee血液検査サービスの項目に、「隠れ脂肪肝等」の発見に役立つ検査項目である「M2BPGi」の測定項目を新たに追加する事をお知らせいたします。 今までは病院に行き、特殊な検査機を使用しなければわからなかった事が、今回わずかな血液で出来るようになった事が大きなポイントとなります。

——————————————————————————

Lifee血液検査サービスのコンセプトは「血液検査をもっと手軽に、もっと身近に」。

指先からのわずかな血液(0.06ml)で病院と同等の検査を行えるサービスを展開しており、自宅にいながら完結する郵送型のLifee血液検査サービスも行っています。

郵送型のLifee血液検査サービスは、スマホがあれば時間や場所も選ばず検査キットの購入から検査結果を確認することまでワンストップで完結するため、このコロナ禍の中とてもご好評をいただいております。

検査キットのご購入は下記ECサイトより購入可能となっており、現在は、「生活習慣病13項目」、「男性向けガンリスク検査4項目」、「女性向けガンリスク検査4項目」の検査が行えます。

 

検査キット購入のECサイトはこちら

 

今回の新規項目である「M2BPGi」の検査キットのECサイトからの販売に関しては現在準備を行なっておりますので、こちらは準備が整い次第販売開始とさせていただきます。

 

【脂肪肝について】

今や日本人の3人に1人が脂肪肝といわれています。

お酒の飲み過ぎが肝臓に悪いことは一般的に知られていますが、実は脂肪肝の原因で多いのは飲み過ぎではなく食べ過ぎによるものであり、お酒を飲まない人や若い女性に「非アルコール性脂肪肝」の方が急増していますが、脂肪肝には痛みなどの自覚症状がありません。

 

脂肪肝になると血流が悪くなるため、全身の細胞に酸素と栄養分が補給されなくなり、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするといった症状が出ることもあります。

従来、脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積するだけで心配のない病気と考えられていましたが、最近脂肪肝が肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があり、狭心症や心筋梗塞など心疾患の合併率が高く、生活習慣病の温床となることがわかってきました。

その多くの原因は食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、肥満などです。

その他、無理なダイエットも「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる脂肪肝になる事があります。

 

食事で摂った脂質は、小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解され、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化します。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

肝臓内に中性脂肪がどんどんたまれば脂肪肝に、さらに進行すれば肝硬変へと変わると言われています。

脂肪肝の人が全員重症化するわけではありませんが、早期に発見して原因となる生活習慣や肥満を改善する為に日々バランスの良い食事を心がけ、適度な有酸素運動を続けることが大切であり、十分な休養と睡眠を取るなど、生活習慣を改善することも肝臓への負担を減らし、肝疾患の予防につながります。

 

Lifee血液検査サービスは皆さまの健康を全力でサポートできるよう、今後も検査可能な項目を順次増やし、サービス拡充をしてまいります。

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、当社)が独自の技術により開発し、製造および販売中である「MBSキャピラリー」が、コンゴ民主共和国で株式会社SOIK(所在地:沖縄県中頭郡 代表取締役:古田 国之 以下、ソワック社)が開発中のデジタル産科検診への中で妊婦向けの生化学検査へ組み込む導入の検証を開始しました。

——————————————————–

ソワック社は、日本企業として初めてコンゴ民主共和国保健省との官民連携パートナーシップ協定を締結し、コンゴ民主共和国におけるポータブルIoTデバイスやデジタル技術を活用して低価格・高品質の医療ソリューションを開発・提供しています。

 

その他にもコンゴ民主共和国において現地医療機関と共同で臨床研究を行っており、公的医療機関や民間クリニック向けに医療機器等を輸入・販売もしています。

微量採血デバイスMBSキャピラリーについてはこちら

株式会社SOIK(ソワック)社のHPはこちら

お問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム