最新情報

2020.04.14

マイクロブラッドサイエンス、新型コロナウイルス IgG / IgM 抗体検出キットについてのお知らせ

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区、代表取締役:大竹 圭、http://www.microbs.jp/)は、中国企業のVazyme Biotech Co.,Ltd(以下「Vazyme社」)と1滴の血液(0.02ml)があれば10分で迅速検査ができ、なおかつ検査機器が不要でその場で判定が可能な新型コロナウイルス IgG / IgM 抗体検出キット※1(金コロイド法)の日本国内での独占販売契約を締結しており、すでに1部のキットの日本国内への輸入を開始しており塩野義製薬に順次納品をしております。 ※1 【認可取得済み】 中国、シンガポール、フィリピン、EU 【販売開始済み】 イギリス、ドイツ、イタリア、オーストリア、ベルギー、ポーランド、シンガポール、マレーシア、フィリピン、メキシコ 【参考】http://www.vazymebiotech.com/COVID.htm

このような中で、塩野義製薬は新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)に対して、以下の取り組みを進めていることが発表されております。

【COVID-19検出キット提供に向けた取り組み】

2020年3月17日にお知らせしたCOVID-19抗体検出キットについては、この度、導入元の株式会社マイクロブラッドサイエンスとの間で契約を締結し、国内での実用化に向けて性能試験に参画し、薬事承認に必要な臨床データの収集を進めております。また、本キットのさらなるエビデンス構築を目的に、臨床研究を早急に開始する予定です。本キットの有用性を確認し、体外診断用医薬品として一日も早く医療に貢献することができるよう取り組んでまいります。

【塩野義製薬のリリースより1部抜粋 http://www.shionogi.co.jp/company/news/2020/qdv9fu000001oo2b-att/200414.pdf

弊社としましては一日も早く社会の安心・安全に貢献することを目指し本キットを最優先で日本国内に安定的に輸入をすべくVazyme(ヴァゼム)社と調整を行い、国内販売に関しては塩野義製薬と調整を行ってまいります。

【新型コロナウイルス IgG/IgM 抗体検出キット(金コロイド法)概要】

IgGとIgMは新型コロナウイルスから身体を守るために、免疫システムによって体内で産生される免疫グロブリンです。

IgM抗体レベルは、感染から1週間で上昇し始めます。一方、IgGはIgMより遅れて出現し(通常感染から2週間)、6ヶ月から最大数年間にわたって検出が可能です。IgGが検出された場合は、過去に感染があったことを示すことになります。IgGとIgMの同時モニタリングによって、新型コロナウイルスの感染が疑われる患者を迅速に同定することが可能です。2003-SARS(重症急性呼吸器症候群)、2016-Zika(ジカ熱)の発生期間においても、IgGとIgM抗体検出は推奨される診断方法の一つとして使用されました。

お問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム