最新情報

2021.09.02

MBSキャピラリーが、ソワック社を通じコンゴ民主共和国にて妊婦向けの検診に導入検証を開始

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:大竹 圭 以下、当社)が独自の技術により開発し、製造および販売中である「MBSキャピラリー」が、コンゴ民主共和国で株式会社SOIK(所在地:沖縄県中頭郡 代表取締役:古田 国之 以下、ソワック社)が開発中のデジタル産科検診への中で妊婦向けの生化学検査へ組み込む導入の検証を開始しました。

——————————————————–

ソワック社は、日本企業として初めてコンゴ民主共和国保健省との官民連携パートナーシップ協定を締結し、コンゴ民主共和国におけるポータブルIoTデバイスやデジタル技術を活用して低価格・高品質の医療ソリューションを開発・提供しています。

 

その他にもコンゴ民主共和国において現地医療機関と共同で臨床研究を行っており、公的医療機関や民間クリニック向けに医療機器等を輸入・販売もしています。

微量採血デバイスMBSキャピラリーについてはこちら

株式会社SOIK(ソワック)社のHPはこちら

お問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム