最新情報

2021.06.25

Vazyme Biotech Co.,Ltdとの「日本展開における特定分野の独占的包括提携契約」締結のお知らせ

株式会社マイクロブラッドサイエンス(本社:東京都千代田区、代表取締役:大竹圭 以下「当社」)はVazyme Biotech Co.,Ltd(以下「ヴァゼム社」)と「日本展開における特定分野の独占的包括提携契約(以下、「本契約」)」を締結しました。

当社とヴァゼム社は、ヴァゼム社製の新型コロナウイルス感染症対策製品を日本で展開するにあたって2020年3月にエージェント契約を締結しました。

その際、ヴァゼム社は当社がその人脈において、日本の大手製薬会社、販売会社を仲介し、販売拡大がなされた経緯を評価し、また、当社としては、日本の大手製薬企業にも採用される品質を提供できるヴァゼム社の技術力を高く評価しており、それ以来互いに良好な関係を築いて参りました。

この度、ヴァゼム社が日本での本格展開を図るにあたり、そのエージェント機能を当社に特定分野において独占的に依頼したいとの申し出があり、本契約を締結する事となりました。

 

ヴァゼム社が現時点において日本展開において当社に独占的に提携依頼をしている業務は以下の通りです。

1. 新型コロナウイルス治療薬の元となる抗体細胞株の日本における開発展開のサポート

2. 体外診断用医薬品(IVD)の日本における開発・製造販売のサポート

以上に関しての詳細については、個別契約の締結、具体的な展開とともにお知らせして参ります。

 

<ヴァゼム社の紹介>

Nanjing Vazyme Medical Technology Co.,LTD

ヴァゼム社は2012年に設立された体外診断製品、機器の研究開発、生産、販売のサービスに重点を置くハイテク民間企業です。酵素、抗原、抗体、高分子有機材料などの機能性タンパク質に焦点を当てた技術を持ち、生物学的研究、体外診断用医薬品(IVD)、バイオ医薬品、核酸抽出装置を開発しています。

現在200種類以上の遺伝子工学レコンビナーゼ、1,000種類以上の高性能抗原性製剤、モノクローナル抗体mAb などを保有。PCR、qPCR、分子クローン、逆転写、心臓や脳血管、炎症などの検出に使用する様々な種類の生物学的製剤の開発に成功しています。そして、科学研究機関、分子診断試薬メーカー、製薬会社、病院やその他の医療機関など、様々な顧客グループをカバーする顧客ポートフォリオを形成しています。

https://www.vazymebiotech.com/about.htmlより)

 2012年 設立

 2014年 NGSライブラリー調整キット製品がラインナップ

 2015年 IVD試薬の製品ラインナップ、国際事業部設立、中国ハイテク企業認証取得

 2016年 経済技術開発区域本社移転

 2017年 IVD試薬製品登録証取得

 2018年 ISO13485認証取得 

 2019年 2019 infection marker laboratory quality assessmentに合格

 2020年 新型コロナウイルス検出関連試薬開発成功、国家三級医療機器登録証明書取得

(https://www.vazymebiotech.com/fazhan.html より)

 

2020年12月24日、上海証券取引所はヴァゼム社の上場申請を受け入れ、12億人民元の資金調達を計画しています。

ヴァゼム社の2018年から2020年までの営業利益は1.7億元、2.6億元、15.6億元、親会社株主に帰属する純利益はそれぞれ103万元、2,579万元、8億2,172万元と飛躍的な成長を実現しております。

主要事業における売上総利益率はそれぞれ84.7%、84.7%、91.5%と高い利益率を達成しており、また研究開発費は5,300万元、6,229万元、1億2,553万元となっており、将来的な業容の拡大に向けて積極的な開発投資を実践しています。

また、2021年1月から3月までの四半期における営業利益は5億4,100万元(前年同期比161.33%増)、親会社株主に帰属する純利益は3億3,700万元(同195.37%増)となっており、足元でも業績拡大の傾向が継続しています。

また、2020 年 12 月 31 日現在、同社は23件の発明特許と67件の中国医療機器登録証明書を含む、合計40件の特許を取得しています。

(http://en.caclp.com/article/?detail_858.html より)

(Bloombergより)

1800516D.CH(証券コード)

 

<今後について>

当社では、今後の世界情勢や日本を取り巻く医療環境を見据えて、ヴァゼム社とともに製品開発と日本での販路拡大に取り組んで参ります。

 

お問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム